スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ツバメヒナ保護7日目~11日目 覚え書き-2010/7/6~7/10

ツバメヒナの保護7日目~11日目の覚え書きです。

ツバメヒナ保護7日目
保護7日目 ますます産毛が伸びてもさもさに

ツバメヒナ保護7日目2
同じく保護7日目 なんてブサカワいいのかしら~キュン(>_<)

ツバメヒナ保護8日目
保護8日目 心配していた首もしっかりしてきました~よかったよかった

ツバメヒナ保護9日目
保護9日目 ごはんくれ~! って言ってます

ツバメヒナ保護10日目
保護10日目 筆羽がだいぶ開いてきました

ツバメヒナ保護11日目
保護11日目 バランスをとるのはまだへたっぴでふらふらしてますが自分の足で立てるようになりました!
しかしほんとにブサカワいいな!!

ツバメヒナ保護11日目2
保護11日目 よだれかけ(喉のところの赤い部分)が色づいてきましたよ~
でもまだ茶色、白鳥の羽(幼鳥→成鳥)と同じように抜け変わるのではなくて羽色自体が変化していくようですね

人が育てているせいなのか成長が遅いようですが少しづつ育っています


ちなみに
↓は巣立ち間近のツバメヒナ達です。
この写真を撮った翌々日に巣立ちを迎えました
ツバメヒナ5兄弟
みっしり羽も生えそろってますね~

ぺぺ太は今日の時点(保護19日目)でも脇の下がまだおハゲです



にほんブログ村 鳥ブログ ハト・(レース鳩)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2010/07/18 20:50 ] ツバメ | TB(0) | CM(2)

ツバメヒナ保護3日目~6日目 覚え書き-2010/7/2~7/5

ツバメヒナの保護3日目~6日目の覚え書きです。


覚え書きといっても
やっていることは変わらないのでぺぺ太の成長過程を写真で紹介します。

ツバメヒナ保護3日目
保護3日目 見た目は前日とそんなに変わらないかな?

ツバメヒナ保護4日目
保護4日目 翼の羽が少しづつ伸びてきてます 体重も毎日1gづつくらい増えてます

ツバメヒナ保護4日目2
同じく保護4日目 顔の皮って剥けるのね・・・
顔の中央付近にある白っぽくて薄い細片が皮です。下から生えてきた羽に押されるように剥けてきました。
・・・それにしても・・・なんともブサイクですねぇ(≧y≦*)・・・でもそこもたまんなくかわいい♪ブサカワ!

ツバメヒナ保護5日目
保護5日目 背中の羽が開いてきました そして全身のもしょげ(産毛)も増量中

ツバメヒナ保護6日目
保護6日目 ますますもしょげが伸びてきました。

結構成長してきているのにほとんど鳴かないし、写真のように首を床にぺたりと付けていてあまり持ちあがらない様子でした。
足も5日目くらいからようやく床をひっかくようににじり歩きができるようになったくらいで、もしかして床に落ちた時にどこか痛めてたのかも、と不安で仕方なかったものです・・・


ツバメヒナ保護6日目2
保護6日目のお尻♪ぷりっぷりvv
尻尾もまだまだ短くってエビフライのようです(*≧m≦*)

ツバメヒナ保護6日目3
同じく保護6日目のお尻♪
鳥さんのお尻が大好きな尻フェチの変態なので写真を撮っているとこのテのアングルがやたらと多い・・・orz
ごめんねぺぺ太・・・


にほんブログ村 鳥ブログ ハト・(レース鳩)へ
にほんブログ村
[ 2010/07/11 19:01 ] ツバメ | TB(0) | CM(1)

ツバメヒナ保護1日目夜~2日目 覚え書き-2010/6/30~7/1

ツバメヒナの保護1日目夜~2日目の覚え書きです。


ヒナに与える挿し餌の配合をお教えいただいたので以下の内容に配合を変えて与えるようにしました。

めじろ・うぐいす用の7分餌
ケイティ・エクザクト
上記2種のパウダーフードを同じ分量で40℃くらいのお湯で溶きこれにミルワームの中身をしごきだし(・・((´Д`;))・・)これだけだとビタミンなどが不足しているのでネクトンS(ビタミン類/アミノ酸/ヨウ素他)とアヴィアンエッセンシャル(ベータカロチン/ミネラル/カルシウム他)を加えて混ぜ合わせました。
夜間もこれを1時間置きに与えました。

はじめはどの仔も体の大きさに見合う分量の挿し餌を食べてくれてはいたのですが、次第に2番目、3番目に体の小さなヒナ達の衰弱が進み、食餌もあまり受け付けなくなるようでした・・・
どのヒナも「そのう」にごはんをまだ貯めることができないようでしたが、体力がある仔だと給餌したごはんはするすると食道に落ちていく様子がわかったのですが、衰弱の進むヒナ達はその“落ち”がどんどん悪くなって行くようでした。

そして未明に2番目に体の小さなヒナが、昼前に3番目に体の小さなヒナが亡くなりました。

最後に残ったのは1番体が大きく、発育のよかったヒナだけとなってしまいました・・・
ツバメヒナ保護2日目
―保護2日目のヒナ―

この仔だけでもどうしても救いたかったので野鳥を診察してくれるという動物病院リストの近い場所から電話をかけました。

ですが
以前は野鳥も診ていたのだと思うのですが現在は受診をしていない病院が多く、なかなか受け入れ先が見つかりませんでした・・・

野鳥はいろいろな感染症を持っている仔も多く、病院としてはほかに受診される動物たちの生命を守る義務があるのでしかたがないことなのかもしれませんが残念なことです・・・

ようやく自宅から1時間ほどかかりますが受け付けてくれる病院が見つかり、受診することができました。
そしてできるのならばこのまま私のところにいるよりは保護していただこうと考えていたのですが・・・

先生がおっしゃるには
私が今、行っていることは何一つ間違いはないのでこのまま自宅に連れ帰って集中的に面倒を見てあげた方が生存確率は高いだろう、病院ではほかにも患畜がいてこのヒナだけをずっと診ているわけにはいかないので・・・
とのことでした・・・

ずいぶん正直な先生だなー(*_*;、とは思いましたがそんな風に言われたら連れ帰るしかなく、ある意味ここで覚悟を決めました。(まあ、まず思ったことは有給あと何日残ってたっけ・・・(せこい)でしたが・・・)

とりあえず
一通り便検査などをして頂き感染症や、寄生虫がいないことを確認し自宅に連れ帰りました。

お世話の方法に間違いはないと確認できたのでちょっとだけ自信がつき、今までどおりのやり方で続行となったわけです。

お世話を続けるのなら名前がなくては不便(?)だったので「ぺぺ太」と名付けて呼んでいます。(*^_^*)
・・・オスかメスかはわからないんですけどね・・・(; ̄ー ̄A




現在(保護9日目)のぺぺ太はこんな感じ
ツバメヒナ保護9日目
ツバメヒナ保護9日目2

ずいぶんと大きくなりました(*≧∀≦*)










にほんブログ村 鳥ブログ ハト・(レース鳩)へ
にほんブログ村
[ 2010/07/10 01:13 ] ツバメ | TB(0) | CM(2)

ツバメヒナ保護当日 覚え書き-2010/6/30-

ツバメヒナの保護当日の覚え書きです。

その日は早朝までは小雨が降っていましたが出勤時間(7:00)ごろにはすっかりやんで地面も乾き始めていました。
いつものように最寄り駅の駐輪場に自転車を停めて、駅側の出口に向かっていたところ、出口付近に何やら茶色い塊が転がっているのが見えました。
この時点では何が落ちているのかがまったくわからなかったのですが近づくにつれ茶色いものが土の塊で、その周りには黒っぽいものが転々と散らばっていることがみてとれました。
ようやく土の塊がツバメの巣で黒っぽいものがヒナ達だと気が付き大慌てで投げ出されているヒナ達のもとへ駆け寄りました。
足もとのヒナ達はピクリとも動かず、そのうちの1羽にはなぜか水のようなものがかけられていました。
最初に書きましたが、雨が降ったのは早朝までで、駐輪場は半地下のうえツバメの巣があった場所は雨が吹き込むようなところではありません。
水の掛けられたヒナがいた場所以外の床は乾いており、巣の落ち方も真下に落ちたのではなく横にそれていたのでおそらく悪意ある人の手によるものだと思われました。

駐輪場はツバメたちが自由に出入りするくらいには開口部は広く、ここには天敵のカラスは入り込んでこないので夜間の明るさ(消灯しないので)と人が行き来する騒音さえ我慢すれば毎年何組ものツバメが営巣にきていることからも暮らしやすい場所なのかもしれません。
ただ、半地下のため天井が低いという欠点があり、ツバメたちが営巣している天井付近にもちょっと長めの棒、それこそ腕を思い切り伸ばせば傘でさえ届いてしまうような距離なので以前から危ないな、という懸念は持っていました。

動かないヒナ達におそらく手遅れだろうと思っていたのですが、念のためヒナ達を拾い上げたところ弱々しくはありましたが手の中でもぞりと動きました。
体はすっかり冷え切っていましたが、今の季節が幸いしたようです。

とにかく残りのヒナ達も拾い上げ生死を確認しました。
ヒナは全部で5羽。
孵化当日か1日目くらいの丸裸のヒナ達でした。

やはり水の掛けられていたヒナはすでに死後硬直が始まっており、巣が落ちてからかなりの時間が経過していることがこのことからもわかりました。
他の4羽もどうにか生きているという状態でした。
即急な保温が必要なことだけは確かだったのでハンドタオルに4羽とすでにこと切れている1羽を包み少しでも保温の助けになればとカバンの中の小物入れに使っているビニールバッグに入れ急いで家に戻りました。

ツバメヒナ保護当日

まずは
水分と栄養補給にスポーツドリンクを数滴づつ飲ませ、育雛器なんて気の利いたものは持っていないので即席の保温機を作成してヒナのいるケース内を37℃くらいに暖まるようにしました。
体が温まって少し元気が出てきたところで病鳥用に購入していたラウディブッシュ社のフォーミュラー3をとろとろのコーンポタージュくらいの濃度に溶いて30分おきくらいの間隔で与えました。

とりあえず私ができることはここまでで、産まれたてのヒナを育てたことも小指の長さくらいしかない小さなサイズのヒナを育てたことも経験のない私は次に何をやったらよいのかがさっぱりわからなくなりこちらのブログに書き込みをするということを思いつきました。
・・・この時点でたぶんそうとうテンパっていたのだと思います・・・
人に聞く前にネットで調べるとかいろいろ方法はあったはずなんですよね・・・

そんなアホのコに暖かく耳を傾けて下さり、大変貴重なアドバイスをいただいたコロさん「ココロといっしょ」、ジョーカーさん「鳩マジック★銀鳩様飼育日記(ギンバト)」ほんとにほんとにありがとうございました。お2人には感謝してもしきれないくらいです。

お2人にアドバイスいただかなければ、ひとりでずっとおたおたしていたと思います。




せっかくお2人にいろいろお教えいただいたにもかかわらず私の力が及ばずこの日のうちに1羽が落命してしまいました。
一番体が小さく発育の良くない仔でした・・・

やはり人が育てるより親に育てられた方が幸せだろうと、巣のあった駐輪所にいき駐輪所の管理人さんに仮巣の設置をお願いしてみました。
設置自体は快く了承いただけましたがツバメの巣を壊されるのは今回が初めてではなく、過去にもあったという話を聞き、目立つ仮巣がまたいたずら(心情的には重犯罪ですけれども!)の対象にされたら、という恐れがあり設置を断念しました。

・・・この判断は今でも正しかったのか考えてしまうのですが・・・・


以上
長くなりましたので当日の覚え書きはここまでにします。


にほんブログ村 鳥ブログ ハト・(レース鳩)へ
にほんブログ村
[ 2010/07/06 19:42 ] ツバメ | TB(0) | CM(2)

いっぱいいっぱいでしたm(_ _)m

5日もお休みしてしまいました・・・

もう、ツバメヒナのおせわにいっぱいいっぱいで他に余力が回りませんでした(言い訳)


6月30日に保護した4羽のツバメヒナですが私の力不足で3羽を助けることができませんでした・・・
現在は最後に残った1羽を懸命にお世話しております。
ツバメヒナ保護5日目
本日夕方に撮ったツバメヒナさん

まだ立ち上がることはできませんが足の力がだいぶついてきたのでにじり歩き(そうとしか言いようがない!)しながら動き回っています。
残ったこの仔だけでもなんとか助けたいのでもうひと頑張りです。


後ほど
保護当日からの覚書を書きたいと思います(>人<)




今日の昼ごろ鳥部屋に迷い込んできたすずめちゃん
かわゆいvv
迷いすずめちゃん
怒って威嚇してます、かみつかれました(全然痛くなかったけど)
怖かったよね それなのに写真なんて撮ってごめんね~ べ≧Д≦))>
すずめちゃんなんてめったにこんな近くで写真なんか撮れないからつい・・・(欲望に忠実)

撮影後ちゃんと放しましたよ~



にほんブログ村 鳥ブログ ハト・(レース鳩)へ
にほんブログ村
[ 2010/07/05 22:23 ] ツバメ | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。