スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

地味に活動してます

ブログを始めようと思った動機のひとつに
縛創で傷を負う鳥さんがいる現状を知ってもらいたかった、ということがあります
最近は鳥ばか、親ばか全開の記事しか書いていなかったので
ちょっと初心にかえってみようと思います

縛創というのは文字から推察できるかと思いますが
"縛られて"負う"創(傷)"のことです
糸やヒモが足や羽などに絡まり、それにより血流が阻害され壊死や、ひどくなると指や足等の脱落が起こります。

釣り糸が絡まった鳥さんや野生動物のことは(悲しいことに)よく耳にされるかと思いますが
そればかりではなく、ほんの10数センチの木綿糸や、ミシン糸でも鳥さんの細い足に絡みつけば、とても怖い凶器になります。
何気なく、服のほつれ糸を外で切ることがあるかもしれません・・・
でも、そんなものでさえ鳥さんには危険なものなのです。
糸やヒモが絡まっても鳥さんには自分でほどくことができません、糸を外そうと引っ張ればさらにきつくしまってしまうでしょう・・・


こちらは先日保護したハトさん
縛創5-1

梱包用のビニールテープ これが絡まり傷を負う鳥さんはかなり多いです。
細かく裂けて糸状になったものが足に絡まると静電気でまとわりつき、きつく巻きついてしまいます。
縛創5-2
この仔は幸いにも絡まって間もなかったのか、血流が阻害されるほどには巻きついていませんでした。
縛創5-3
どの指もきれいな状態
よかった~

ハトさんはまだこうやって保護できるチャンスがありますが(寄ってきたところを手づかみできるので(⌒_⌒; )
他の野生生物や野鳥たちはよほど弱ってでもいない限り保護することはとても難しいです。


野鳥保護活動をなさっている方からの受け売りで申し訳ありませんが

鳥さんの中には好んで人工物(糸やヒモ、ビニール袋など)を巣材にするものがいます。
(ワイヤーハンガーを巣材にするカラスは有名ですが)

特にカラ類(シジュウカラやヤマガラが属する一群ですね)が巣をかける時によく人工物を使っているそうなのです。
シジュウカラ
この仔はシジュウカラ

やまがら

やまがら2
こちらはヤマガラとってもかわいい鳥さん達です

繁殖期を過ぎ、親鳥の去った巣を確認すると、ビニール袋で窒息死したと思われるヒナや、糸やヒモが絡み付き絶命しているヒナをしばしば見かけるそうです・・・
親が新しい命を育むために一生懸命に作った巣がヒナの命を奪ってしまう原因となる・・・とても痛ましいことです・・・


こちらは
巣材にする為か、ビニール袋(?)を運ぶヒヨドリ。
ヒヨドリ
何事もなくヒナが巣立っていればいいのですけれど・・・

余談ですが
人のすぐそばに暮らす鳥さん代表のスズメは意外(?)なことにナチュラル志向で人工物はほとんど使わない獣毛や羽、草やつる等で巣を作るそうです。この仔たちも年々、生育数が減っているので少しでも命の危険が少ないことに越したことはないですよね。


最近では釣り糸も時間がたてば自然分解されるものが出回っていますが、もし、この糸が外に捨てられたとして分解されるまでは何ヶ月もかかるでしょう・・・
ですが、きつく糸が絡らんだ指は1週間ももちません。
壊死して脱落します。

一番いい方法は糸やヒモ等を捨てないこと、これが一番です。


にほんブログ村 鳥ブログ ハト・(レース鳩)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2010/11/14 19:57 ] 縛創 | TB(0) | CM(2)

夏休みか~・・・(*´Д`)=3

もう小学校は夏休みに入ったんですねー・・・


今朝も鳩さんウォッチングにいつもの公園へ
とても天気がよかったので鳩さん達も芝の上で気持ちよさそうに日向ぼっこをしていました
ほほえましくも幸せな光景にいそいそと向かっていたところ・・・

後ろから近づいてくる子供達の不穏な会話が聞こえてきました・・・
「あの集団へ突っ込もうぜ」とかなんとか・・・・

はぁ!?

相手は自転車4人組、あっという間に追い越されて言葉通り止める間もなく鳩さん達が日向ぼっこをしている群れの中に本っっ当に突っ込んでいきやがりましたよ ∑(#`皿´ノ)ノ

びっくりした鳩さんたちはあわてて逃げましたとも
何羽かは飛び立ち、何羽かは走ってよけました

その走ってよけた鳩さん達をもう一度脅かそうとしてなのか引き返してきて同じことをしようとしやがりましたので今度こそ止めに入ることが出来ましたけど 本気で腹立つなぁ!((o(>皿<)o))

気持ちよさそうにくつろいでいるんだからそっとしておいてあげてよ!
もうっほんっっと子供って残酷なうえにしつっこくてヤダ!

夏休み中はこんな子供たちが外にでてウロウロしてるんだろうなぁ・・・(遠い目)



そして今日も糸の絡まった鳩さんが・・・(T_T)
縛創4-1
長い釣り糸です

近くに川があるので子供がね・・・そこで釣りをするんです・・・(きれいな川とは言えないので子供くらいしか釣りをしない)
でもマナーが悪いからゴミでも釣り糸でもぽいぽい捨てていくのでこうした被害が後を絶たないのです・・・(溜息)
長い休みに入るとこうして釣り糸の絡まった鳥さんが増える気がします。
子供の休みと無関係ではないと思うんですよね・・・気が重いなぁ・・・

オゾン層の破壊が進み「母子健康手帳」から子供の日光浴を奨励する1文が削除されて久しいのですが
上記の理由で日光浴不足によるビタミンDの生成が不十分で、くる病を発症する乳幼児が増えているそうですね。
・・・乳幼児はまぁ、鳥さんの脅威にはならないのでいいのですが、

そこらを自分の意思でちょろちょろしている子供です。問題は
過保護~な親が増えている昨今、外の日差しはコワイとかなんとかの理由で子供を外に出さないようにする親とか増えないモンかしら・・・(非常に頭の悪いヒトの発言というのは重々承知デス)・・・はぁ・・・


閑話休題(あだしごとはさておきつ)



この仔は両足に糸が絡まっていて立つことも歩くこともできず
おなかと胸を使っていざるように進むことしかできませんでした
縛創4-2

縛創4-3
左足
こちらはそれほど糸はきつく絡まっていなかったのですが・・・

縛創4-4
問題は右足
第2趾が黒く変色しています

縛創4-5
壊死が始まっているようです・・・(泣)

まともに立つこともできなかったのでお尻が糞で汚れていたのですが
絶食便だったのか緑便になっていました・・・
縛創4-7
歩いてごはんを探す鳥さんなのでそれができないと食べることも困難になるのでしょうね・・・

縛創4-6
すご~く長い糸でした・・・さぞや邪魔だったろうに・・・

縛創4-8
いまさらですがこの仔は保護して病院に連れていくべきだったな・・・後悔・・・





にほんブログ村 鳥ブログ ハト・(レース鳩)へ
にほんブログ村
[ 2010/07/23 18:03 ] 縛創 | TB(0) | CM(0)

へこむ・・・

足に糸の絡まった鳩さんがもう1羽いました

何がへこむって人間のせいで傷ついたり苦しめられる鳥さんがいる現実にへこむ・・・

縛創3-0
この仔も両足に黒い木綿糸が絡みついてます

縛創3-1
気の強い仔で大暴して補ていするのがなかなかに大変でした(⌒_⌒;
膝の上にあおむけで転がすと大概の仔は諦めておとなしくなってしまうのですが(諦めがよすぎるのもどうかと思うのですけどね)

縛創3-3
とれた

縛創3-5
絡まっていた糸

縛創3-6
お疲れ様


そしてもう一つへこむことが・・・・

帰りの道で事故にあったのか車道に倒れているカルガモを発見・・・
変な形に体がねじれていたので一目でもう死んでいるのは見てとれましたがそのままにしておくのは(私の精神衛生上…)できなかったので拾い上げてお墓を作り埋めてきました・・・・
たぶん道路わきの水路(もともとは農業用水路)から飛び立とうとしたところか、歩いていたところを車にはねられたのだと思います・・・・

ここ数年で一気に宅地化が進んだせいで人も車も増えました
今までのんびり生きてきた彼らが急激な環境の変化に対応できなくてこうした事故が起きてしまうのでしょう
この車道とにかく鳥獣の事故が多いです…悲しくてとても辛いことですが何度も事故現場に行き合っています・・・(T_T)

こんな場面はもう見たくない・・・・





にほんブログ村 鳥ブログ ハト・(レース鳩)へ
にほんブログ村
[ 2010/07/15 23:43 ] 縛創 | TB(0) | CM(0)

やった~゚+o。q(*´Ⅴ`*p。o+゚

以前書いた縛創の記事で気になっている仔がいると書きましたが

ようやく保護できました~!!ヽ(^o^)丿

うぅ~・・・糸が両足にものすごく深く食い込んで絡まってる~(T_T)
縛創2_2
右足指の付け根で固く結び目のようになってしまって足も変形しちゃってます(;O;)

縛創2_3
左足はこの状態・・・すでに指が一本落ちてしまっています・・・

縛創2_4
糸がとれた状態の左足
縛創2_6
糸が食い込んでいた部分が溝になってます。どれだけきつく巻きついてたのか・・・

縛創2_5
右足 内側の指の太さが全然違う・・・

縛創2_7
写真では分かりにくいのですが○の部分が紫色に変色し始めてました・・・大丈夫かな・・・



この仔に絡まっていた糸はこれ
縛創2_8
木綿糸でした


残った指が悪くなる前に処置できたかな・・・間に合っているといいな・・・



にほんブログ村 鳥ブログ ハト・(レース鳩)へ
にほんブログ村
[ 2010/06/15 18:16 ] 縛創 | TB(0) | CM(2)

縛創(ばくそう)のこと

鳩ウォッチングにによく行く公園があるのですがそこに来る鳩さん達に足指のない仔が結構います。

足指を失う原因の一端になっている(と思われる)縛創について書きたいと思います。

縛創というのは足などの部位に糸が巻きつき、血流を阻害したり、絡まった糸が皮膚やその下の組織を傷つけてしまうのですが、ひどい場合はそのために指などを失う場合があります。
絡まった糸が劣化して切れる前に指のほうがもたない場合の方がはるかに多いでしょう・・・


足指に釣り糸が絡まった鳩さんを保護することができたので写真を載せます
縛創1

縛創2

幸いこの仔はあまりひどい状態にならないうちに糸を取り除くことができました
縛創6

ひどい状態の仔を何度か保護したことがありますが
骨に届くほどに深くきつく糸が巻きついていたり、出血していたり、ぱんぱんに指があれあがっていたり、すでに壊死しているのか黒っぽく変色してしまっている仔もいました・・・

縛創4

ご覧の通りこの糸の長さなんてたいして長くありません。
縛創5

こんな糸くず程度の長さの糸でも絡みつけば鳥さん達にとってはとても恐ろしい凶器になりえます。
どうか外で糸やヒモ(最悪なのは梱包用のビニールヒモです。縒り合されていないペラペラのやつだと静電気でまとわりついてよりきつく巻きついてしまっているように思います)を捨てるのはやめてください。


最後に
この公園にもうひとり保護したい仔がいます。
縛創7

すでに左足の内側の指が失われています。
1週間まえにはまだこの指はありました・・・
この仔の場合は両足をつなぐように黒い木綿糸のようなものが絡みついています。
両足を渡る糸の長さはこの仔の歩幅に足りない長さだったので歩くときは糸が常に引っ張られるような無理な力が加わっていたのだと思います。

1週間前にこの仔の保護に失敗しているので(ひどい状態だったので焦りすぎた)警戒して近くに寄ってきてくれません・・・
まだ両足に糸が絡まって残っているのでとても心配です。

にほんブログ村 鳥ブログ ハト・(レース鳩)へ
にほんブログ村
[ 2010/06/08 21:07 ] 縛創 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。